プレミアムウォーター vs うるのん徹底比較

プレミアムウォーター vs うるのん徹底比較

プレミアムウォーターとうるのんを徹底比較してみました。プレミアムウォーターの優位な点、うるのんの優位な点を順番に見てみましょう。

メーカー プレミアムウォーター うるのん
月額 標準:4,237円
3年:3,629円
Baby Club:2,938円
良い 標準:3,800円
3年:3,600円
少し残念
1本あたり 標準:2,117円/12L
3年:1,814円/12L
Baby Club:1,469/12L
良い 標準:1,900円/12L
3年:1,800円/12L
少し残念
配送サイクル 1、2、3、4週に1度 とても良い 2、3、4週に1度 良い
スキップ とても良い 年2回まで無料 良い
500mlあたり 約71円
※3年パックとシールキャンペーンの併用
とても良い 富士:75円~ 良い

※全て料金は税込表記、小数点以下は切捨てで表記しています。

プレミアムウォーターの申込みはこちら

うるのん

プレミアムウォーターの優位点・メリット

プレミアムウォーター公式

うるのんと比較した、プレミアムウォーターの優位点をご紹介します。

500mlあたりの単価が税込約71円からで安い

プレミアムウォーターの天然水は、500mlあたりの値段が税込約71円からと他のどのメーカーと比較しても安いのが特徴です。

うるのんの天然水の単価が500mlあたり約75円~なので比較をすると500mlあたり4円お得という事になります。※プレミアムウォーターの単価は、3年プラン、シールキャンペーンを併用した価格となります。

富士吉田・南阿蘇の2種類の天然水から選べます

プレミアムウォーターの天然水は、バナジウム、亜鉛が含まれている『富士吉田』の天然水と、シリカが含まれている『南阿蘇』の天然水の2種類から選ぶことが可能です。※地域によって追加料金がかかります。

反対にうるのんの天然水は、バナジウムが含まれている『富士の天然水さらり』しか選択することができません。

レンタルサーバーが無料

プレミアムウォーターは、完全無料でレンタルサーバーを利用でき、かかる費用はお水代のみです。(2017年4月追記:おしゃれで高機能な有料のウォーターサーバーもレンタル可能になりました。)

うるのんのレンタルサーバーは、条件によって無料になりますが、『ウォーターサーバーGrande』に関しては、月額324円のレンタル料金がかかります。配送周期6週間に1度の場合は月額1,147円です。また、『スタンダード』のレンタルサーバーでも、天然水の配送周期を6週間に1度に変更すると月額823円のレンタル料金が発生します。

お水の配送スキップが無料でできる

プレミアムウォーターの配送周期は、1週間、2週間、3週間、4週間から選べますが、その配送をスキップさせることができます。ですので実質8週間に1度の配送が可能という事になります。連続で停止させることはできませんが、無料でスキップが出来るのは嬉しいですね。

うるのんは、3週、4週、6週に1度の配送が選択できますが、6週に1度はレンタルサーバー代が必要になります。また、配送のストップは年2回まで無料ですが、3回目以降は1,080円の停止手数料が必要になります。

プレミアムウォーター公式ページをチェック

うるのんの優位点・メリット

うるのん公式

プレミアムウォーターと比較してうるのんの優位な点をご紹介します。

3年に1回無料でウォーターサーバーの交換ができます。

うるのんの『スタンダード』ウォーターサーバーなら3年に1度無料でサーバーの交換が可能です。『ウォーターサーバーGrande』は、6年に1度無料で交換できます。もちろんどのウォーターサーバーも故意に壊したのでなく、不具合が解消されない場合は無料で交換されますが、定期的に無料で交換してもらえるのは嬉しいポイントですね。

うるのん

【プレミアムウォーター vs うるのん】まとめ

プレミアムウォーターは500mlあたりの単価も税込71円からで、しかも初期費用やレンタルサーバー代も一切かからないので、初めての方でも料金設定が分かりやすく続けやすいウォーターサーバーです。

うるのんのウォーターサーバーは、長期間利用すればサーバーを無料で交換してくれるので、長期利用を検討中の方におすすめです。

また、両メーカー共に、初回は12Lボトルを2本無料でプレゼントしてもらえます。