プレミアムウォーター vs コスモウォーター徹底比較

プレミアムウォーター vs コスモウォーター徹底比較

プレミアムウォーターとコスモウォーターを徹底比較してみました。プレミアムウォーターの優位な点、コスモウォーターの優位な点を順番に見てみましょう。

メーカー プレミアムウォーター コスモウォーター
月額 標準:4,237円
3年:3,629円
Baby Club:2,938円
良い 富士の響き:3,888円
古都の天然水:3,800円
日田の誉:4,104円
少し残念
1本あたり 標準:2,117円/12L
3年:1,814円/12L
Baby Club:1,469/12L
良い 富士の響き:1,944円/12L
古都の天然水:1,900円/12L
日田の誉:2,052円/12L
少し残念
配送サイクル 1、2、3、4週に1度 とても良い 7日、10日、15日、20日間隔
1ヶ月間隔に2本(×プラスプレミアム)
良い
スキップ とても良い とても良い
500mlあたり 約71円
※3年パックとシールキャンペーンの併用
とても良い 富士:81円
古都:79.2円
日田:85.5円
良い

※全て料金は税込表記、小数点以下は切捨てで表記しています。

プレミアムウォーターの申込みはこちら

コスモウォーターキャンペーン

プレミアムウォーターの優位点・メリット

プレミアムウォーター公式

500mlあたり税込71円からのお得な天然水

プレミアムウォーターの天然水は、3年契約プランを選択し、シールキャンペーンを併用することで500mlあたり税込71円の格安で飲むことが可能です。コスモウォーターの天然水は、500mlあたりの単価が安くても税込79.2円なので8円もの差があります。

配送周期は1~4週間に2本が選択可能

プレミアムウォーターは、お水の配送周期を1週間、2週間、3週間、4週間から選択可能です。コスモウォーターは、7日、10日、15日、20日、1ヶ月の周期が選択できますが、3年契約をしないと1ヶ月周期を選択できないので、最長で20日に1度になってしまいます。

お水の量が12L、7Lが選択可能

プレミアムウォーターもコスモウォーターも、天然水は使い捨てペットボトルに入っていますが、プレミアムウォーターが7L、12Lが選択できるのに対し、コスモウォーターは12Lしか選択することができません。
12Lのお水は重いので女性が交換するには大変な重量ですが、交換頻度が少なくなるというメリットがあります、反対に7Lは軽くて女性でも交換しやすいですが、交換頻度が多くなってしまいます。1人暮らしや女性の方には7Lがおすすめですがコスモウォーターは12Lしか選択できないので、2種類から選べると嬉しいですね。

ウォーターサーバーがシンプルでオシャレ

プレミアムウォーターサーバーは、デザインがシンプルで高級感がありオシャレなのでそういった意味でも人気のウォーターサーバーです。色も4種類あるので好みやインテリアに合わせて選択することが可能です。コスモウォーターのサーバーは、業務用っぽいデザインで、残念ながらお洒落とは言い難いです。

プレミアムウォーター公式ページをチェック

コスモウォーターの優位点・メリット

コスモウォーターの公式ページ

クリーンサイクルシステム付きのウォーターサーバーがあります

プレミアムウォーターもコスモウォーターもどちらもメンテナンス不要のウォーターサーバーですが、コスモウォーターの『smartプラス』には、クリーンサイクルシステム(ウォーターサーバー内を常に清潔な状態に保つため、 自動的に熱水を循環させてクリーン化させる独自システム)が付いているので、更に安心してウォーターサーバーを使い続けることができます。

コスモウォーターキャンペーン

【プレミアムウォーター vs コスモウォーター】まとめ

初めてウォーターサーバーを導入したい方やとにかく安く使い続けたい方は、500mlあたり約71円からのプレミアムウォーターのウォーターサーバーがおすすめです。

コスモウォーターのウォーターサーバーは『smartプラス』に新しくなりました。